フロフロー

フロフロー

電気を使うことなく超音波マッサージ
フロフローは脳細胞と皮膚を刺激し血流の改善と神経の緊張をほぐして自律神経のバランスを調整しその働きを良くします。
老後も健康で、また美容にも良い画期的な発明です。

フロフローの科学的根拠はここにある!!

フロフローはなぜ良いか

  1. フロフローは電気をまったく使わぬ最新特許「オールウェーブ・バブルマッサージ」機能(マッサージ効果は抹消血管の拡張、自律神経の調整、代謝機能の亢進、筋緊張の緩解、内臓反)、酸素補給。
  2. 昔から「クルミ握り」が長寿健康によりと言われ、ヨーロッパでは「握り石」が精神の安定と集中によいとされています。
    フロフローのグリップで掌と指先の運動で脳を刺激し活性するのです。
  3. 昔からお風呂は健康に良いと言われ、これは温熱作用が血流の促進と改善を行い、皮膚の乳化・洗浄作用が皮膚呼吸、皮膚分泌機能の亢進させるためで、フロフローがこれをさらに加速します。
  4. 別売の特選入浴剤の効果がこれに加わります。
    この相乗効果で脳細胞を刺激し、皮膚を刺激し、血流の改善と神経の緊張をほぐして自律神経のバランスを調整しその動きを良くし、老後も健康で、又美容によい画期的発明です。

4重効果

この相乗効果で脳細胞を刺激し、皮膚を刺激し、血流の改善と神経の緊張をほぐして自律神経のバランスを調整しその動きを良くし、老後も健康で、又美容によい画期的発明です。

解説図

  入浴前と入浴直後差の平均値 SD 入浴直後と15分後差の平均値 SD
皮膚温 1.96 ±2.53 0.64 ±1.12
筋温 0.67 ±0.41 0.17 ±0.63
脈波 3.83 ±8.18 3.77 ±6.71
最小血圧 -2.23 ±10.2 -2.87 ±8.52
最大血圧 -6.20 ±9.60 +0.36 ±9.83

使用法

お風呂に入り発振部をA・B・C・Dの位置に置きアクチュエータ・グリップをお湯の上に出し、左右交互に握ってください。
気泡がツボをマイクロ・マッサージします。特に創造、発想、読書、思索の時は左手で。右脳が刺載されます。
使用図